医療事務を習うには通学という手段が最適!

メガネ

保育資格を取得する方法

先生と子供

保育資格取得のために

保育士は以前は女性だけでしたが近年では男性も少しずつ増えており不足解消が期待されています。保育士は国家資格で資格を持っていれば、公私立の保育園や養護施設、病院の院内保育、ベビーシッターなどとして活躍することができます。保育士は児童福祉法に沿って0〜5歳までの乳幼児が健康に成長し集団生活を学ぶための手助けをします。保育士になるには厚生労働大臣が指定する指定保育士養成学校で勉強し資格取得を目指します。指定されている大学、短大、専門学校で所定の科目を履修すれば卒業と同時に保育士資格が与えられます。大学は4年、短大や専門学校は2〜3年で取得可能です。そして保育士として登録すれば就職することができます。指定学校に進学していない場合は児童養護施設などに5年以上の実務経験があれば国家試験の受験資格が与えられます。社会人になっている方や家庭の事情などによって学校に通えない方は、実務経験を積んで国家試験を受験しています。また、大学や短大、専門学校に再入学し資格取得を目指すこともできます。通信教育の大学で4年、短大で2年間学ぶ方法もあります。通信制で通学の必要はありませんが、集中的にスクーリング授業(面接授業)を受けたり保育実習に行く必要があります。保育士は厚生労働大臣指定の学校を卒業するか実務経験を積んで国家試験を受験するか二通りの道があるということです。指定の保育士養成の大学や短大では幼稚園教諭の免許も同時取得可能となっています。