医療事務を習うには通学という手段が最適!

婦人
勉強する人

国際社会に通用

世界的な食の取引を行う上では、安全面での信頼性を担保する必要があり、取引業者へ品質マネジメントシステムの構築を要求しているところが少なくありません。これらの企業は社内に監査資格をもち、外部からの監査も受けることで、信頼性を保持しています。

婦人

保育士にチャンス到来

幼保特例を活用すると、保育士は仕事をしながら幼稚園教諭免状を取得しやすくなります。保育士としての勤務経験がある人は、幼稚園教諭養成課程のある大学で8単位を取得し、試験に合格すれば幼稚園教諭免状が与えられるためです。

先生と子供

保育資格を取得する方法

保育士は国家資格で厚生労働大臣指定の大学や短大、専門学校で必要な科目を履修すれば卒業と同時に資格が与えられます。また、通信制の大学や短大でもスクーリング授業や保育実習に行って科目を履修すると保育士になることができます。

医療における事務の専門家

婦人

特別な知識が必要な仕事も

病院や診療所などの医療機関では、治療や看護に直接携わる人々のほかに、事務職の人たちも働いています。こうした人たち、まはたその人たちが携わる仕事のことを医療事務といいます。医療事務にはさまざまな種類があります。外来窓口での受付や会計、入退院のスケジュール管理といった医療機関ならではの仕事もあれば、ファイリングや秘書といった一般企業の事務と変わらないものもあります。また、レセプト業務のように非常に専門性が高い仕事もあります。レセプト業務とは、医療機関で保険診療を行った際に、診療報酬を国や健康保険組合などの保険者に請求する仕事です。治療内容や投薬の種類から保険点数を割り出し、請求額を算定して書類を作成します。最近は電算化が進んでいますが、医学及び医療保険制度全般に関する知識が求められます。医療事務、中でもレセプト業務については、専門学校や資格スクールなどに通学すれば制度の概要や実務を学ぶことができます。あらかじめ専門知識を身につけておけば、求人に応募する際にアピールできます。講座修了後に資格が取得できるスクールも少なくありません。医療事務を学べるスクールの数は多く、通学制だけでなく通信制もあります。学習期間は学校ごとにまちまちですが、通学制の場合はおおむね3か月程度が標準的なところです。同じ通学制でも個人診療所向け、大規模病院向けといった具合にコース分けをしているところもあるので、自分の目指すべき進路がはっきりしている人にとっては、効率的な学習が進められるので便利です。